うちわ作りのノウハウ

決まると早いのがシンプルなアイディアのいいところ。

使わないうちわを探す係まで決めて、まずは一週間、自宅から使わないうちわを持ってきてもらうことにしました。

うちわにはいろいろなサイズがあって、だいたいは横が24cm、大きさは柄の端から35cmが普通です。

実際に計ってみて分かるんですが、それより一回り小さなものもあって、大きなサイズで合わせました。

そうすると、集まったうちわだけでは足りなくなって、今度はサイズを指定して集めるということになり、このへんが大変でした。

それと同時に高校の近くの家庭を訪問して、使っていないうちわがないか、学園祭で使いたいので、寄付してくださいとうちわを探してあるく係も3グループくらい作って歩き回りました。

なんとか1週間で集めきり、うちわに貼ってある紙を剥がしたり、乾かしたりそれはもう大変。

準備期間が短かったら間に合わなかったところです。

うちわ作りのノウハウは、インターネットのウェブサイトで見つけて来た手作りうちわキットの会社を参考にしました。

そこはうちわの骨と、シールを売っているところ。

お金があったらそこに全部頼むのにっていう感じですが、予算内でやるということにこだわったので、大変になってしまうんですよね。